abcww’s blog

目指せ配当金生活。1歳、3歳娘の家族4人、それぞれの株、リート、ETFなどの保有銘柄を解説していきます。

利益超過分配金とは

利益超過分配金とは

 

利益超過分配は、会計上の利益を超えて金銭を分配すること

インフラ投資法人では現金支出を伴わない減価償却が多額の経費として計上されるため、会計上の利益だけでなく、減価償却として経費に計上された一部を分配金に回している。

 

 

abcww.hatenablog.com

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人 

投資法人は2019年7月期(第5期)及び2020年1月期(第6期)の1口当たり分配金(利益 超過分配金を含む)については、運用資産から生じる賃貸事業収益、運用資産に係る賃貸 事業費用及び借入金の支払利息その他融資関連費用等を鑑み、3,200円程度の水準として おり、そのうち利益超過分配金は、2019年7月期(第5期)については、1,290円、2020年1 月期(第6期)については、1,083円を想定しています。かかる利益超過分配金について は、上記の通り減価償却費の35%に相当する金額を上限の目途として算出しており、2019 年7月期(第5期)は減価償却費の29.3%に相当する金額、2020年1月期(第6期)は23.8% に相当する金額をそれぞれ想定しています。

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人 2019年1月期 決算短信 より

東京インフラ・エネルギー投資法人

2019年6月期、2019年12月期及び2020年6月期の1口当たり分配金は、2018年12月期に発生した金利スワップの評価におけるヘッジ損失の時価に関し、2018年12月期期末時点から変動がない前提で投信法第136条1項に定める利益を考慮し、算出しています。その結果、利益分配の総額は2019年6月期の当期純利益133百万からヘッジ損失の時価115百万円を控除した18百万円を見込んでいます。2019年12月期は当期純利益82百万円からヘッジ損失の時価115百万円を控除すると投信法第136条1項に定める利益の計上がない見込みであることから、利益分配はない見込みです。2020年6月期は、当期純利益128百万円からヘッジ損失の時価115百万円を控除した13百万円を利益分配の総額として見込んでいます。

2019年6月期の利益超過分配金総額の内訳は、一時差異等調整引当額からの分配金総額は115百万円(1口当たり2,501円)、税法上の出資等減少分配からの分配金総額は50百万円(1口当たり1,089円)、2019年12月期の利益超過分配金総額の内訳は、一時差異等調整引当額からの分配金総額は82百万円(1口当たり1,796円)、税法上の出資等減少分配からの分配金総額は50百万 円(1口当たり1,089円)、2020年6月期の利益超過分配金総額の内訳は、一時差異等調整引当額からの分配金総額は115百万円 (1口当たり2,501円)、税法上の出資等減少分配からの分配金総額は50百万円(1口当たり1,089円)となります。

東京インフラ・エネルギー投資法人 2018年12月期 決算短信 より

 

東京インフラ・エネルギー投資法人では、金利スワップの評価におけるヘッジ損失の発生によ利益の計上がない見込みであり、大部分が利益超過分配金です。

将来の金利の変動等によるリスク回避を目的としており、金利スワップ契約又は金利キャップ契約等の締結により金利変動リスクの軽減を図ります。東京インフラ・エネルギー投資法人 2018年12月期 決算短信 より

繰延ヘッジでは、ヘッジ手段から発生した損益又は評価差額を、ヘッジ対象から発生する損益が認識されるまで繰り延べていきます。ヘッジ対象から発生した損益をヘッジ手段から発生した損益によって相殺しているという効果を適切に会計に反映させるものです。